So-net無料ブログ作成
検索選択
アニメ・ゲーム ブログトップ
前の10件 | 次の10件

柳津市 [アニメ・ゲーム]

正しくは、岐阜市柳津町。
数年前までは羽島郡でした。今は合併で上に書いた通り岐阜市になっているのですが…


羽島郡ならともかく、「柳津市」なんて場所はないからどこだよって話。
それなのに、見てみたら柳津市と載っているサイトがある。なんなんだー(*`ω´)

柳津市



実は「第二回 天下一音ゲ祭」という、音楽ゲームのイベントが来月から開始。
それに伴って、「太鼓の達人」や「maimai」など5種類の音楽ゲームに1曲ずつ"店舗予選で使われる曲"が今日から一部のゲームセンターに先行配信されて、1ヶ月後に開かれる店舗予選に勝つために練習するという状況。

その"店舗予選で使われる曲"が配信されるゲームセンターのページ(ゲームは「太鼓の達人」)の、岐阜県のところにこうやって書いてあるのを見つけて…というハイライト。

http://www1.otogesai.jp/informations/delivery_taiko_tatujin

ちょっとこれアカンのじゃないかなぁって…うーんσ(^_^;)


それはさておき、【配信されるゲームセンター=予選が行われるゲームセンター】ではないようで、ウチが去年の同大会の店舗予選を(運よく)勝ち抜いたゲームセンターがここ。

ここは某所から徒歩3分もないぐらいのイオンにあるゲームセンターですが、今年は曲は配信されても予選は行われない模様。
そもそも予選日が全国統一でなくなって、予選開催店舗が今日発表されたのもあって予選日が「11月19日~11月29日までのどこか」以外は分からない。

おそらく一番多く開かれるであろう、3連休の中日である11月22日(日)。
ここはもう仕事が入ることが確定しているから、ここに入られたらドボン。


それに、仮に参加できるとしても自宅からの距離的に2店舗しか候補が無い。
今年は、勝ち上がること以上に参加するのが無理でないかなぁ…仕方ないや。

書くのを忘れていたらしい。 [アニメ・ゲーム]

というか、「このブログには、極力このゲームの話を書かないようにしよう」という結果。
良くも悪くも、そうあったようです。今回がどちらかは分かりません。

交流会兼大会


そういうわけなので書くのも控えめにしておくのですが、今回は「史上最高に"魔界"」でした。
公式全国大会出場経験者が複数いました。そこでの優勝や全国3位と言われれば…σ(^_^;)


ウチは相変わらず運営専任なので、今回も出場はありませんでした。
トラブルが無く、楽しんでもらえればそれでいいのです。元がカメラマンだから目立ってはいけませんし。


紅よりは難しい [アニメ・ゲーム]

と思うんですよね(´・ω・`)

Dragon Night


便宜上は「最難関」の名を持っている、X-JAPANの『紅』。
ただ、知名度的にはSEKAI NO OWARI の『Dragon Night』の方が今は上。

そして、譜面の難しさも『Dragon Night』の方が上だと思うんです(知らんがな
というのも、間奏地帯で24分音符が43連続で飛んでくるので。16分音符にするとBPM186ぐらい。

2曲のどこがどう難しいかを話すと長くなるし、そんなブログではないから割愛。


ただ、真面目に話をすると、凛として時雨の『Telecastic fake show』がJ-POPで一番難しいです。
★の数も最大の10個で1,000コンボで、道中のBPMが微妙に何度も変わっているのでσ(^_^;)

高評価が1,000を超えるタイミングで [アニメ・ゲーム]

「カメラマン」がやってみたら、こうなった。

ラッスンゴレライ(裏)


何とか出来るもんです。
そりゃ、あの動画を録った「カメラマン」ですから。

…そんな説明、説得力のかけらもありませんけどね(笑)
直前のプレイで、こんなの出ていますし(^^;

仕組みそのものは、圧電素子でググってください


同じ「全部良判定」なのに点数が違うのは、ざっくり書けば【太鼓に(板の振動を通して)伝わった電気信号の強さ】の問題です。

これをやらかすと、場合によっては非常に面倒になることも。
詳しくはコメントアウトで載せておきます。

興味のある方は、お使いのブラウザの「ソースを見る」からご覧ください←


ちなみに、「再生数が5,000倍違う」という話をしてから2週間。
そのときの再生数から15万再生増えていました。ありがとうございます<(_ _)>




「とんぼ」とか「乾杯」とか「友よ」とか歌っていそう。 [アニメ・ゲーム]

PS Vitaで【某バラエティお祭りゲーム】が発売した記念に、このゲームのキャラクターの「和田どん」の着せ替えがゲットできるというキャンペーンを実施中。

バナパスポート(or おサイフケータイ)を使って特定の曲をプレイするごとに、1クレジットで1枚もらえる「チケット」との交換でもらえるというもの。

期間によって交換に必要なチケット数が少なくて済む着せ替えがあるのですが、今週のそれがどうみても長渕剛。


長渕剛

バンダナにギターにハーモニカホルダー…どうみても長渕剛です本当にありがとうg(ry
色を変えたらさらに近づきそう。やらないんですけども(笑)


【友よ】



アドレス https://www.youtube.com/watch?v=-8COE0ViWts


<コメントレス>

>病室の名札についても どうするか聞かれたりしなかった?

⇒返却と「常に首に着けていてください」というのはありましたが、聞かれたことは無かったです。
 ひょっとすると、あったかもしれません…(^^;


>こういうの見ると、物騒な世の中だと実感しますね^^;

⇒時代はそうさせたとはいえ、どこか寂しいです。
 受付をしたうえでこれを着けていないといけなくなってしまって、少しやりづらいなぁと思います。

要因はどこにある? [アニメ・ゲーム]

「画面だけか手元か」という違いはあるにしろ、プレイ内容そのものは全く同じ。

SFRT


画面 https://www.youtube.com/watch?v=DXDo5HsfbIw
手元 https://www.youtube.com/watch?v=nC_i1s9E-zE

その再生数の差は、なんと5,000倍。
さすがに分からない。一体なんでだろうと???

※プレイヤーは、ナベちはるではありません。
※上の画像に載っているアカウントは、両アカウントともウチの管理下にあります。


ウチが思うに「チャンネル登録者数の差」が大きいのではと思うけど、手元とは違って他のゲームなどの【余分な雑音】が入らないのが画面のみの動画。

それに「この曲はどんな譜面か」が解るので、譜面を確認するために見るというのも。
その場合は、画面から遠かったりして譜面が見えなかったらあまり意味がないですしねσ(^_^;)


なので、「腕の動かし方は?」というのが知りたければ手元でないといけなかったり。
要するに使い分けが大事だったりします。そういうことが出来る、某所の環境に感謝です。
タグ:YouTube

ウチなりの「ゲン担ぎ」 [アニメ・ゲーム]

頭文字Dはもうやっていないので、このゲームになるのですが。



アドレス https://www.youtube.com/watch?v=aCTyv5fhg9U


Player:管理人
場所:いつものところ

DON'T CUT(裏)



今回は、点数で「ゲン担ぎ」しました。ピッタリ!!!
曲でゲン担ぎをするなら「イケナイ太陽」とか「となりのトトロ」になります(どうでもいい

それにしても、「調整」が露骨すぎませんかねぇ…σ(^_^;)

交流会兼大会 [アニメ・ゲーム]

昨日は雨の予報だったはずが、「晴れ男」が誰か来たようで何とか持ちました。
【前々回が台風で前回が雪】だったので、どうなるかなと。このあたりはどうにもなりませんが…


そんな状況でしたが、今回も岐阜県のアクセス柳津店で「太鼓の達人」交流会兼大会をやらせて頂きました。

交流会兼大会


今回も、ハイレベル。


1ヶ月ちょっと [アニメ・ゲーム]

というとんでもないスピードで、ここまでたどり着きました。

10000000views_9000Over


【8周年の時点】
http://shootingstar-chiharu.blog.so-net.ne.jp/2015-05-06


5月28日に「ラッスンゴレライ」が某和太鼓ゲームに入った影響。
1ヶ月経たずで20万再生。プレイヤーさんも「なんでこんなに伸びるのか」と。

ともあれ、いろんな方のおかげでここまで来ました。
ありがとうございます<(_ _)>


【ちなみに、再生数が伸びている動画】



アドレス https://www.youtube.com/watch?v=DXDo5HsfbIw

「太鼓の達人」とYouTubeで調べると、恐れ多くも1番上に出てくる有り様。


この曲は表譜面と裏譜面があるのですが、上の動画は裏譜面。
表譜面はというと…ここはそのあたりの話をするところでもないので割愛σ(^_^;)


今でこそこのゲームがメインですが、「他の同じゲームの投稿者かつ総再生数1,000万オーバー」の方との相違点は、このゲームがデビュー作ではないこと。

種類はその他もろもろですが、いずれにせよ今後もチマチマと続けていきたいです。
タグ:YouTube

遊ぶともらえるシール [アニメ・ゲーム]

そんなものが今キャンペーンでやっていて、貰わない理由がないからと某所で貰ってきました。

アイマスシール


「アイドルマスター」とのコラボ。(6月末まで)
「アイドルマスター」は、プレイヤーがプロデューサー(※1)になってアイドルを育てていくというゲーム。今はアニメも人気。

キャラソンやアニメのOP・EDも、Mステでたまに見るレベル。
先日やっていたMステでもランクインしていました。そんなゲームです。


そんな「アイドルマスター」はナムコのゲームで、太鼓もナムコ。
同社商品だからこういうのが出来るんですよね。



そんなコラボシールは、「太鼓の達人を1プレイで1枚」貰えるらしい。
出来るときにガッツリやるタイプですが、独占するのはご法度。

なので控えめに… 時間が経ってももらう人がいなければ…(^^;)
必要以上に余れば、交流会兼大会の景品でもいいかも。「たられば」の話ですが。



※1 女性だと、このゲームの場合は「プロデュンヌ」になります。
   造語らしいです。詳しい経緯はよく分かりませんが…

前の10件 | 次の10件 アニメ・ゲーム ブログトップ