So-net無料ブログ作成
検索選択

ナベさんとナベじろうの、"もんげー"旅。 2日目 ~その1~ [日記]

朝起きて、物販会場で買ったパーカー(←初日~その1~で書くのを忘れていましたが、買って初日のライブで早速着ました)と事前物販で買ったTシャツの上から、家から着てきたダウンジャケットを羽織った状態でチェックアウト。

弟は2日目のライブが終わってからも同じホテルに泊まるので、必要最低限の荷物をリュックに詰めてから背負って出発。
それに対し、ウチはライブが終わったら地元に戻るため、キャリーバッグの中に荷物を入れて転がしていく形で出発。


ライブが始まるのは16時で、チェックアウトしたのが9時少し前。
時間があるので、弟が行ってみたいと言っていた「みなとみらい」まで徒歩で行くことに。

ウチは去年の8月にも行ったのだけれど、その時は思いつきで行ったので徒歩で行かずに電車でしたσ(^_^;)
若いっていいなぁ…いや、「お前が言うな」って話ですかそうですか(´・ω・`)←


ちなみに、「みなとみらい」で特に行きたいと言っていたのが、『カップヌードルミュージアム』だとか。
時間もあることだし、せっかくだから行きましょう(*`ω´)b


ということで、横浜駅から歩くこと2kmほど。時間にして30分ぐらい。
道案内があったおかげで、迷うことはありませんでした。

「パシフィコ横浜」を左に見つつ、到着。


CUPNOODLEMUSEUM



ただ、営業は10時から。
9時ごろから歩き始めて30分ほど経ったところ。つまり、着いたときの時間は9時30分。

あー、まだ早かったなぁと。
だったら、「赤レンガ倉庫」に行きましょうともう少し歩いて行くことに。


「赤レンガ倉庫」に着いた時の弟の感想が、「倉庫らしくない」でした。
倉庫は物を保管しておくのが本来の目的。そんなところにお店が入っていたら、初めてならそうも言いたくなるのは(観光地とはいえ)分かるなぁ…(笑)


赤レンガ倉庫の前を通り、海のある方向に出ていろいろと写真を撮っていたらちょうどいい時間。
それじゃあ戻ろうかということで、またカップヌードルミュージアムまで歩く。

【カップヌードルミュージアム】
http://www.cupnoodles-museum.jp/


ちょうど時間になっていたので、中に入ることが出来ました。
入館料は…大人1人が500円!? えっ、それ安くないですか??(((゚д゚; )))

大人2人でも1,000円。(高校生以下なら無料) さすがは日清製麺の創始者。太っ腹!!(???)
中でスタッフさんが「キャリーバッグをお預かりします」というので預かってもらい、券を買う。

入口は2階にあるので、階段を上って入口に到着。
券をもう1回見るとQRコードが付いていて、それを交通系のICカードよろしくピッとかざして入場。

なんか電車みたい。なぜか不思議な感じがしました(笑)


入って目の前に見えたのは、歴代の製品のパッケージが全種類展示されている部屋。
あとは、安藤百福社長の生い立ちなど。歴史を変える人ってどこか違うなぁと思いつつも観ていて飽きませんでした><

ずっといるのもいいなぁ。無理なんですけどね(((


順に経路を行くと、3階にはオリジナルのカップヌードルを作ることができる「マイヌードルファクトリー」がありました。

エスカレーターで上ってきた瞬間、既に小学生がたくさんいる(50人は軽くいたと思う)のを発見。
かなり人気のブースみたいで驚き。人がいなかったら、やってみたかったなぁ(^^;


そして4階へ行こうとしたときに、エスカレーター前にあった立て看板を見て気になるものを見かける。
実は看板を最初見たときは横を通るときに一瞬見ただけだったから特に思わなかったけれど、エスカレーターに乗っているときに「ん?」と違和感を覚える。


4階に行ったときにも同じような看板を見つけてみて、よく見てみることに。

カップヌードル味のソフトクリーム



カップヌードル味の…ソフトクリーム…?????(;`・_・´)


看板の後ろを見ると、いろんな国の麺類を注文できるレストランみたいなところがあることに気づく。
しかも、朝ご飯と昼ご飯を兼ねるついでに何か食べようと思っていたところ。

これは…頼むしかないでしょ><


オープンする11時までは少しだけ時間があったので、展示コーナーにまた戻っていろいろと見てから戻ってきて、お店の中に入っていきましたとさ。